平和と教育を考えるツアー連絡会  
これまでの企画

新着ツアー
|
TOPコラム
|

日本人としてやるべきことを続ける

〜納骨館に眠る2316名の供養に行こう〜


日中関係が戦後最悪といわれている。

中国に親しみを感じない日本人が80%を超えたという調査もある。

日本のリーダーたちは、中国は恐ろしい国だという中国脅威論を

マスコミを使って垂れ流しながら、だから自衛隊では弱い、

憲法を変えて国防軍にしなければ日本は守れないと、

再び日本国民を騙そうとしている。


困ったものだが、日本国民にもマスコミの“中国嫌悪キャンペーン”には、

手も無く丸め込まれる傾向がある。

ちょっと裏を考えれば判りそうなものだと思うのだが。

それはさて置き、日本国民が今一番気を付けなければならないことは、

こんな時だからこそ“坊主憎けりゃ”の思考ではなく、

やるべきことを粛粛とやることである。


日本軍国主義政府が、中国侵略戦争で犯した数々の悪業の中でも、

言い逃れできないのが「中国人強制連行」だ。

今年も6月末、第48回中国人殉難者全道慰霊祭を挙行し、

9月に当別の「劉連仁生還記念碑」訪問ツアー、室蘭「中国人殉難烈士慰霊の集い」、

10月初めに第3回天津「在日殉難烈士記念館」参拝ツアーに取組む。


私はこの仕事に係わってもう半世紀になる。

資料も4冊出してきた。気が弱くなるといつもこの仕事の意味を考える。

そしてこれは日中関係に関わりなく、

日本国民の未来永劫続く道義的再生の営みなのだと思うのだ。





平和と教育を考えるツアー連絡会会長
2013年5月29日 鴫谷節夫

劉連仁生還記念碑